FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[n810] ブラウザのフォントサイズを指定する

n810のフォントって小さくないですか?
特に最小フォントが10pxしかないので30代手前の私には結構きつかったりします。

n810付属のブラウザMicroBは設定画面からフォントのサイズを指定することができません。
しかし、MozillaベースなのでFirefox等と同じように user.js を編集することでフォントサイズの指定が可能です。


下のファイルを /home/user/.mozilla/microb/user.js に置いてブラウザ起動すると指定のフォントで表示されます。

[user.js]

# デフォルトのフォントサイズ
user_pref("font.size.variable.ja", 18);
user_pref("font.size.variable.x-western", 18);
user_pref("font.size.variable.x-unicode", 18);
user_pref("font.size.variable.x-user-def", 18);
user_pref("font.size.fixed.ja", 18);
user_pref("font.size.fixed.x-western", 18);
user_pref("font.size.fixed.x-unicode", 18);
user_pref("font.size.fixed.x-user-def", 18);

# 最小のフォントサイズ。これ以上小さなフォントでは表示されない
user_pref("font.min-size.variable.ja", 16);
user_pref("font.min-size.variable.x-western", 16);
user_pref("font.min-size.variable.x-unicode", 16);
user_pref("font.min-size.variable.x-user-def", 16);
user_pref("font.min-size.fixed.ja", 16);
user_pref("font.min-size.fixed.x-western", 16);
user_pref("font.min-size.fixed.x-unicode", 16);
user_pref("font.min-size.fixed.x-user-def", 16);



■変更前
font-size-before
クリックで大きく表示



■変更後
font-size-after
クリックで大きく表示


8px,10px,12px,14pxで指定しているフォントが16pxで表示されているのがわかると思います。



標準ではデフォルトが12px、最小が10pxになっています。
スポンサーサイト

webame?

n810 のブラウザのメニューを開いたらこんな事になってました。

webame

メニューの全部の先頭に「webame」という文字が表示されてます。
ブラウザ以外のアプリでは特に表示がおかしくなったりはしていません。
どこか変なとこイジったかな?

InternetTabletTalkで聞いても、Googleさんに聞いても同じような症状の人が見つかりません。
(表面上は)実害がないとは言え、精神衛生上よろしくないのは確かです。
どうしましょう。。。。

追記:
調べてみたところ、bashをインストールした時にデスクトップ環境から持って来た .profile が悪さをしていたみたいです。
以下のようなLC_ALLとLANG の設定があると「webame」が表示されてしまいます。

[~/.profile]
LC_ALL="ja_JP.utf8" ; export LC_ALL
LANG="ja_JP.utf8" ; export LNAG

.profile から該当行を削除して n810 を再起動したことろ表示されなくなりました。
ただ、何故 LC_ALL,LANG の環境変数でブラウザのメニューに「webame」と表示されるのかはわかりません。

n810のブラウザに小さな時計を表示する「TimeMini」

n810のブラウザ(MicroB)でページを見る時はフルスクリーンにしている事が多いのですが、その際に一番困るのが時計です。
普段は statusbar-clock で確認してますが、フルスクリーン時には表示されません。
そこで、ブラウザの右上に小さな時計を表示するGreasemonkeyのスクリプト「TimeMini」を作成しました。1分毎に時間を更新します。


インストール
既にGreaseMonkeyをインストール済みの場合は2から

1. Greasemonkeyのインストール
TapScrollはGreasemonkeylスクリプトです。事前にMicroB用のGreasemonkeyをインストールします。
n810のブラウザ(MicroB)で http://browser-extras.garage.maemo.org/downloads_os2008.html の「Greasemonkey port for MicroB」をインストールします。


Greasemonkey port for MicroB を直接インストールする

maemo_extream

ブラウザを再起動するとGreasemonkeyが有効になります。


2. TimeMiniのインストール
userscripts.org にある TimeMini のページからインストールします。


TimeMini.user.jp を直接インストールする

ランチャーから『Extra』→『Greasemonkey』を選択してScriptに「TimeMini」があれば成功です。
greasemonkey_menu


ブラウザをリロードすると画面右上に小さな時計が表示されます(7:35がそれです)。
tapscreen01



使い方
必要な時に時計を見てください。

n810のブラウザのページスクロールをタップで行なう「TrapScroll」

TapScrollはn810の標準ブラウザMicroBを使っている時に、画面タップだけでページスクロールができるようにします。
ブラウザのページ内移動の煩わしさを緩和するために作成しました。


インストール
既にGreaseMonkeyをインストール済みの場合は2から

1. Greasemonkeyのインストール
TapScrollはGreasemonkeylスクリプトです。事前にMicroB用のGreasemonkeyをインストールします。
n810のブラウザ(MicroB)で http://browser-extras.garage.maemo.org/downloads_os2008.html の「Greasemonkey port for MicroB」をインストールします。


Greasemonkey port for MicroB を直接インストールする

maemo_extream

ブラウザを再起動するとGreasemonkeyが有効になります。

2. TapScrollのインストール
userscripts.org にある TapScroll のページからインストールします。

TrapScroll.user.jp 直接をインストールする

ランチャーから『Extra』→『Greasemonkey』を選択してScriptに「TapScroll」があれば成功です。
greasemonkey01


ブラウザをリロードすると画面下にタップバーが表示されます。
tapscreen01



使い方
1. タップスクロール
タップバー両サイドの「Down」をタップするとページを下にスクロールします。
真ん中になる「Top」をタップするとページの一番上に移動します。

2. タップバーの非表示・表示
タップバーの下にあるリンクは押せません。
タップバーの下のリンクをクリックしたい場合は、『tキー』でバーの表示・非表示を切り変えます。

3. キーボードバインド
以下のvi風のキーバイドが使えるようになります。
 j : ページを下に少し移動
 k : ページを上に少し移動
 h : ページを左に少し移動
 l : ページを右に少し移動
 n : ページを下にもっと移動
 p : ページを上にもっと移動
 g : ページのトップに移動
 t : タップバーの表示・非表示

注意点
* インラインフレーム(iframe)を使っているとその中にもタップバーが表示されます。
* 大量のインラインフレームがあるページでは表示が非常に遅くなります(gmail等)。(GreaseMonkey側で除外URL「Excluded Pages」に指定してTapScrollが動かないようにしてください)

追記(3/12):インラインフレームには表示しないよう修正しました。

付属ブラウザ(MicroB)でタップスクロールをする

n810にはFirefoxベースのMicroBというブラウザが標準でインストールされています。
元がFirefoxなので、GmailやYouTubeなどJavaScript,Flashを使ったページも普通に見られます。
MaemoCJKを入れておけば日本語のページもバッチリです。


ただ、すごい不満が1つあります。


WEBブラウザのページスクロールがやりづらい


以下列挙
* スタイラスでは反応しなかったり、文字を選択してしまったり、画面が振れる事がある
* スクロールバーは小さくて指では押せない
* スペースキーは1ページ毎。しかも反応しない時もある
* 十字キーは何故かリンク移動

これでは電車の中で「片手でWEBブラウズする」という当初の目標が実現しません。
もっと快適にもっと使い勝手のよいページスクロール機能が欲しいんです。



という訳で作りました。

『TrapScroll』
TapScroll

userscripts.org : TapScroll

画面の下側のタップバーをを押すと、下にページスクロールします。
Greasemonkeyのスクリプトです。

nagatonさんの「less_scroll.user.js」を元にタップバーを追加しました。
http://d.hatena.ne.jp/nagaton/20060902/1157189144

これでキーボードを閉じた状態でも快適にWEBブラウズできます。
こうゆうのが簡単に作れるのn810のいいところですね。

<<インストール・設定方法はこちら>>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。